QUESTION & DIALOG QUESTION & DIALOG

about about

q&dについて

q&dについて
q&dの視点
創刊のメッセージ

「q&d」に込めた想い

「私にとって、いいくらしとはなんだろう?」


未来を担う世代に向けてメッセージを考えているとき、ふとこの問いが浮かびました。


今の10代・20代の若者は、くらしについてどう考えているのだろうか。
自分が若者だった頃は、何を考え、どうくらしていただろうか。
そもそも、今の自分はどれだけくらしについて考えているだろうか。


ふとした問いをきっかけに、対話してみたいこと、自分で考えを深めたいことが次々と生まれてきました。



価値観が多様化している現代では、万人に共通する「憧れのライフスタイル」を思い描くことは難しくなっています。また、便利さや快適さが充足しつつある一方で、それらと豊かさや幸福が必ずしも比例しないこともわかってきました。


くらしの転換点とも言える今、これからも豊かに暮らすためにはどうすべきか。そのためには、一人ひとりが「本当にいまのくらしは自分らしいといえるのか?」「数値で測ることのできない幸せをどう実現すればよいのだろうか?」と問いを立て、対話を重ねていくことが必要だと考えます。


くらしは一朝一夕で変わりません。時間と共に価値観も変化していくものだと考えると、q&dの記事にも「今の自分には大事ではないけれど、5年後には大事になる」というものもあるはず。読者のみなさんのくらしに寄り添い、長く読まれる媒体を目指します。


長くお付き合いいただいている間に、媒体としても応援できることを増やし、理想のくらしを実現しようとする人の力になりたい。一人ひとりが心穏やかに自分達らしくくらせることが、豊かな社会をつくることにつながっていく。そう私たちは信じています。


ぜひ、私たちの問いに耳を傾け、また声を聴かせてください。

共に、良い未来を創っていきましょう。


q&d 編集長

橘 拓実

perspective perspective

q&dの視点

我々が問いかける11の問い

「くらし」という言葉の射程は広範囲にわたり、また衣食住のような従来の分類にいつのまにか考えがしばられていることもあります。くらしについて考え直すために、まず視点を変えてみたらどうだろう、と考えました。


そのため、私たちはくらしを「自分の半径5メートルの世界で起きていることのすべて」だと捉え直し、「これからのくらしを考える11の視点」を作りました。


閉じる
Better Relationships

他者との良い関係を築きたい

家族、パートナー、友人など関係性にはそれぞれ名前がありますが、その実態は多様化しています。他者を思いやり、自分にも無理がない。そんな心地よい関係はどうすれば生まれるのでしょうか。様々な角度から問いをたてます。

この問いを考える
閉じる
Lifelong Learning

常に学び続けたい

人の寿命は延び、社会の変化は短いスパンで起こるようになりました。学生時代に学べば一生生きていける知識が得られた時代は終わりつつあります。変化し続ける社会で前向きに生きるために、学ぶという選択肢を考えてみます。

閉じる
Unique and Inclusive

他者を認め柔軟に暮らしたい

「こうあるべきなのに」という思い込みで、自分も他人も縛りつけて苦しくなってしまう経験がはありませんか。くらしの中で自分の世界を広げ、まだ見ぬ景色を見て感動する方法を一緒に考えませんか。

閉じる
Be True to Yourself

欠点含めて自分と向き合いたい

コンプレックスに感じていることが、他人から見れば個性や魅力に感じられることはよくあります。欠点から目をそらすのではなく、自分の一部として捉えるための心構えを一緒に探ってみませんか。

閉じる
Life Explorer

自由に生活環境を選びたい

リモートワークが一般化し、住む場所の選択は一層自由になりました。地理的制限が無くなった時、あなたは生活環境に何を求めるでしょうか。人が土地に魅力を感じる理由やきっかけについてゼロから考えてみませんか。

閉じる
My Theory on Life

こだわりを持ち続けて暮らしたい

「毎朝飲むコーヒーは豆から挽きたい」「本はどうしても紙で読みたい」あなたのくらしを少し豊かにするこだわりはありますか。合理性だけでは割り切れない、一人一人の譲れないことについて考えてみませんか?

閉じる
Well-Aging

良い年の取り方をしたい

全ての人は年を取りいつか亡くなるのに、若いうちはあまり加齢について考えることがないのではないでしょうか。後戻りのできないものだからこそ、後悔の無い、良い年の取り方について対話しませんか。

閉じる
Ethical Consumption

納得して意味のある消費をしたい

「買い物は投票だ」。物やサービスを購入することは、その生産者や流通への支持を表明している、ともいえるのではないでしょうか。選択肢に溢れた時代だからこそ、心から納得する消費について考えてみませんか。

閉じる
Lifestyle for Planetary Good

地球環境にうしろめたさなく暮らしたい

地球に良いモノを選び、良いコトをしていきたい。しかし自分の楽しみをすべて諦められないのも、正直な気持ちです。この豊かな地球で多様な命と共に生きていくために、僕ら”ヒト”ができることを一緒に考えませんか。

閉じる
Make Your Own Way

自分に合ったスタイルで暮らしたい

自分は自分、と思っていても、気づけば人の目を気にしたり、周囲に合わせすぎて疲れたりしていませんか。自分のスタイルがありつつ、相手とも共鳴していく。そんな自分にとって心地いいリズムについて探っていきます。

閉じる
Work Life Integration

良い仕事と良いくらしを両立したい

チャレンジして成長したい、人の役に立ちたい。一方で、仕事に追われてくらしをないがしろにはしたくはない。一人一人が満足できる人生を送るための、「仕事とくらしの関係」について考えてみませんか。

11の視点をもとに特集を企画し、私たち自身がさまざまな角度からくらしについて問いかけていきます。


1.Better Relationships 他者との良い関係を築きたい

2.Life Explorer 自由に生活環境を選びたい

3.Unique and Inclusive 他者を認め柔軟にくらしたい

4.Be True to Yourself 欠点含めて自分と向き合いたい

5.Work Life Integration 良い仕事と良いくらしを両立したい

6.Make Your Own Way 自分に合ったスタイルで暮らしたい

7.Lifelong Learning 常に学び続けたい

8.Ethical Consumption 納得して意味のある消費をしたい

9.My Theory on Life こだわりを持ち続けて暮らしたい

10.Lifestyle for Planetary Good 地球環境にうしろめたさなく暮らしたい

11.Well-Aging 良い年の取り方をしたい

1.Better Relationships 
他者との良い関係を築きたい

2.Life Explorer 
自由に生活環境を選びたい

3.Unique and Inclusive 
他者を認め柔軟にくらしたい

4.Be True to Yourself 
欠点含めて自分と向き合いたい

5.Work Life Integration 
良い仕事と良いくらしを両立したい

6.Make Your Own Way 
自分に合ったスタイルで暮らしたい

7.Lifelong Learning 
常に学び続けたい

8.Ethical Consumption 
納得して意味のある消費をしたい

9.My Theory on Life 
こだわりを持ち続けて暮らしたい

10.Lifestyle for Planetary Good 
地球環境にうしろめたさなく暮らしたい

11.Well-Aging 
良い年の取り方をしたい


良いくらしを創るための対話を皆さんと重ねていきたい ─「q&d」創刊のごあいさつ

News

q&d編集長 橘 匠実

問いと対話を重ねて、いいくらしを紡ぐメディア『q&d』を創刊します

「私にとって、いいくらしとはなんだろう?」未来を担う世代に向けてメッセージを考えているとき、ふとこの問いが浮かびました。今の10代・20代の若者は、くらしについてどう考えているのだろうか。自分が若者だった頃は、何を考え、どうくらしていただろうか。そもそも、今の自分はどれだけくらしについて考えているだろうか。

詳しくみる